続いて、大分から東京への道のりです。
帰りは、大分県臼杵港から、フェリーにて愛媛県八幡浜港まで、フェリーに乗ってみました。
九四オレンジフェリー http://www.94ferry.co.jp/access/

待合所には、何もなく。。。昼間はお店が営業してそうですが、
夜間のため、フェリーの受付窓口のみ営業しておりました。
2016-08-14_114658017_E994A_iOS

ゴルフさんをフェリーに積み込んだところ。
2016-08-14_130022425_20300_iOS

約2時間20分の船旅は、仮眠タイムでした。
深夜0時ごろ、愛媛に到着し、ひたすら四国を走ります。

どこかのサービスエリアで朝方まで仮眠をとり、
夜明けとともに、朝のうどんタイムです。
朝7時ごろにお店に到着しましたが、すでに混み合っていました。
今回は、さか枝 という有名店を選択。
食べログ
場所は、香川県高松市番町5-2-23

2016-08-14_214356340_E0F83_iOS

2016-08-14_214645613_94311_iOS

写真撮り忘れたが、私はかけうどん(中で210円くらいだったかな)にしました。
麺も美味いが、出汁が最高に美味かった。
東京にもあればいいのにな〜

うどん後は、引き続き高速を走り、本州を目指します。
まずは、大鳴門橋。
wikiによると、橋長は1,629m、中央径間は876m、幅は25m、主塔の高さは144.3m。鳴門海峡の渦潮に影響を及ぼさないようにするため、多柱基礎工法とよばれる特殊な工法が採用されているらしいです。

エスカヒル鳴門という展望スポットもあり、
こちらは、エスカレーターで上まで行きますが、エスカレーターがとても長く若干怖いです。。。
写真だとこんな感じです。
2016-08-14_234720340_8C1E5_iOS

展望台からの橋はとても綺麗に見えます。
_MG_8700

_MG_8715

_MG_8722

渦の道という観光施設があり、
そちらから、大鳴門橋を歩いて渦を見に行けます。

_MG_8724

_MG_8726

_MG_8730

大鳴門橋めぐり後は、再び高速を走り、やってまいりました。
明石海峡大橋。
wikiによると、全長3,911m、中央支間1,991mで世界最長の吊り橋である[3]。開業以来、10年以上の長きにわたり「ギネス世界記録」に認定・掲載されているらしいです。

ちょっと疲れたので、休憩スポットを探し温泉を発見。
淡路島・岩屋温泉「美湯松帆の郷」
この温泉、露天風呂から明石海峡大橋が見えます。
なお、この温泉ご当地バーガーも食べれます。淡路牛バーガー美味かったな〜

淡路島バーガーは、店舗によっていろんな種類があるようです。
詳細はWEBをご確認ください。

明石海峡大橋付近にある温泉施設からの写真。
_MG_8735

続いて、明石海峡大橋の下にある道の駅へ寄り道。
道の駅あわじ

こちらでは、明石海峡大橋をしたから眺めました。
こっそり、ゴルフさんも一緒に撮影。

_MG_8736

_MG_8738

_MG_8739

_MG_8743

玉ねぎも買ったので、いざ明石海峡大橋を渡り、なぜか姫路城を見たいという話になり、
若干、東京から離れました。

姫路城を見ていると、突然の豪雨に襲われ、松の木の下で雨宿り。
雨宿り中に、ポケモンGOしてたらリザードGET (笑

_MG_8746

_MG_8752

_MG_8754

_MG_8762

疲れたので、この日は姫路で一泊することに、
検索して出てきたビジネスホテルで一泊しました。
ドーミーイン姫路というホテルですが、屋上が温泉になっていました。
朝ごはんのバイキングにて、あなごめしが美味しかったなぁ〜
駐車場は、タワーパーキングがついてますが、1泊1000円でした。