現場は、ここ最近工事が進んでいるようですが、
ついに新昭和からニュースリリースがありました。

新昭和が千葉県袖ケ浦市に新たな商業施設「ゆりまち袖ケ浦駅前モール」プロジェクトを着工 JR袖ケ浦駅前に2019年6月末頃

スーパーは、せんどう というお店が入ることが決まったそうです。
あまり聞いたことないですが、千葉のスーパーなんですね。
SENDO 店舗案内

ほかにもドラッグストアや温浴施設、さらには、飲食店、美容室、音楽教室、学習塾、スイミングスクール、スポーツクラブなど入るそうで、
ある程度の規模になりそうですね( *´艸`)
って、建設地の目の前にはすでにドラッグストアあるけど。。。。(笑)
とりあえず、袖ヶ浦駅前が便利になりそうです。
あれ、袖ケ浦が正しいのかな(笑 袖ヶ浦? 市役所のサイトは、袖ケ浦。
大きい「ケ」が正しいのね。

以下、ニュースリリースからの借用です。

「一人ひとりが、輝く明日を。」をコミュニケーションワードに多彩な事業を展開する、株式会社 新昭和(本社:千葉県君津市 代表取締役社長 松田芳己)は、JR内房線袖ケ浦駅北口駅前において、新たな商業施設「ゆりまち袖ケ浦駅前モール」プロジェクトを着工する運びとなりました。

 新たに建設がスタートする商業施設は、JR内房線袖ケ浦駅北口に隣接しており、約10,000坪の敷地にキーテナントとなるスーパーマーケット「せんどう」をはじめ、ドラッグストアや温浴施設、さらには、飲食店、美容室、音楽教室、学習塾、スイミングスクール、スポーツクラブなど、日々の暮らしとウェルネスを融合した施設となります。

【商業施設の概要】
 当プロジェクトは、48.9haの広さを有する「袖ケ浦駅海側特定土地区画整理事業」内に位置し、JR内房線袖ケ浦駅北口に隣接しています。近年、駅周辺は急速に市街地化が進み、ニューファミリー層を中心に人気のエリアとなっています。本計画地には、スーパーマーケット「せんどう」をはじめ、ドラッグストアや温浴施設、さらには、飲食店、美容室、音楽教室、学習塾、スイミングスクール、スポーツクラブなど、日々の暮らしとウェルネスを融合した施設が建設されます。また、計画地に隣接して、クリニック(開業済)及びビジネスホテル(建設中)も整備されるなど、当プロジェクトを含めた袖ケ浦駅前における複合商業施設の整備は、地域住民の利便性の向上を図るとともに、地域雇用の創出や新旧市街地の活性化に寄与するものとなります。

敷地面積 34,089.46㎡ (10,312.01坪)
階数・構造 地上1階建 (一部2階建)・鉄骨造
駐車場 車:599台 バイク:15台 自転車:320台